ループ・シリコーン義歯って何?

特徴

粘膜だけでなく粘膜下組織に対しても優しい素材です。
無味無臭です。
精度が良いことでお口にぴったりと合います。
クッション効果により噛み締めることができます。
いつまでもやわらかい素材です。
残っている歯がある場合にはバイオシリコーンで、その歯を守ります。
入れ歯に付いている金具(クラスプ)は審美的に付けたくない場合にはバイオシリコーンがその役目を果たします。

利点は?

ムービーを見る

臨床例

ムービーを見る

お手入れ方法

ムービーを見る

FAQ

今までの入れ歯とは何が違うの?
従来の入れ歯はハグキに対してプラスティック(レジン)もしくは金属でしたが、ループ・シリコーン義歯ではハグキに対してバイオシリコーン(やわらかい素材)を使用。
食事中、食べカスが入れ歯とハグキの間に入るのですが?
ループ・シリコン義歯はバイオシリコーンのクッション作用でハグキや残っている歯にピッタリと合うのでスキマが出来にくく食べカスは入りません。
金具(クラプス)が気になるのですが?
患者さんのお口の中の状況にもよりますがバイオシリコーンを使って金具の代わりに入れ歯を固定して、金具が見えない入れ歯にすることもできます。

今までの入れ歯では、痛かったり、合わなかったりしたのですが、このバイオシリコーンの入れ歯はどうなんですか?
まず、従来の入れ歯が痛かったり、合わなかったりする原因は、いくつかあると思うのですが、原因のひとつに考えられることは、素材自体がカタイことだと思います。カタイ素材は、やわらかいハグキやハグキの下の骨などに対して、決して良い影響を与えません。
その点、ループ・シリコーン義歯はハグキにあたる部分には、やわらかい素材のバイオシリコーンを使用していますので、当然ながらやわらかいはぐきいにピッタリとした感触が得られます。
また、ループ・シリコーン義歯は、今までの素材で入らなかったハグキの深い所まで覆うことも可能なので、患者さんのお口にピッタリ合った入れ歯を作ることが出来るのです。

ループ・シリコーン義歯は長持ちするの?
患者さんのお手入れの仕方にもよりますが、平均で3年以上は快適にお使い頂けます。
また、ハグキの状態の変化により入れ歯が合わなくなればバイオシリコーンの部分だけの張替えも可能です。
ループ・シリコーン義歯は安全なの?
ループ・シリコーン義歯に使用しているバイオシリコーンは整形外科等、広く医療界で使用され、国の医療用具としての承認を受けた安全な素材です。
お手入れの方法は難しいの?
従来の入れ歯のお手入れと同じ様にして頂ければ良いのですが、バイオシリコーンの部分は、やわらかいブラシで中性洗剤を使用して毎食後の清掃をおすすめします。