著書・論文の紹介

教育研究の業績一覧(1999〜2003)

105.
[著書、学術論文等の名称]
1999歯冠用レジンの進化と問題、そして「ベルグラス」
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/1999.3.1
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT
[概要]
歯冠用レジンの現在に至る進化を考察し、環境ホルモンとの関わりを論じた。
106.
[著書、学術論文等の名称]
1999歯冠用レジンの進化と問題、そして「ベルグラス」
●単著・共著の別/共※ ●発行叉は発表の年月日/1999.4.1
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT
[概要]
ハイブリッド型コンポッジトレジンとしての「ベルグラス」の成分分析をもとに、特徴、製作法などを症例別に述べた。
107.
[著書、学術論文等の名称]
聴覚に個性を持つ歯科技工士の方々へのシンポジウム定期開催を願う
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/1999.6.1
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工
[概要]
聴覚障害者の方々のための講演会の必要性を述べた。
108.
[著書、学術論文等の名称]
「日技役員選挙事後報告、そして「技工未来の草案事務局」新たなる旅立ち
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/1999.6.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT
[概要]
21世紀歯科技工未来の草案フォーラムの集大成として、グランドデザインをまとめ、その後の結果と、新たなる展望を述べた。
109.
[著書、学術論文等の名称]
レジン系次世代歯冠修復材料「ベルグラス」
●単著・共著の別/共※ ●発行叉は発表の年月日/1999.7.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT別冊:「Esthetic of Dental Technology」
[概要]
ハイブリッド型コンポッジトレジンとしてのレジン系次世代歯冠修復材料「ベルグラス」の成分、特徴、製作法などを代表的なメタルフリーの症例を使用し述べた。
予備
[著書、学術論文等の名称]
「7:3」問題の問題点
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/1999.7.28
●誌等叉は発表学会等名称/日本歯科新聞
[概要]
日本歯科新聞の日歯.日技との一連の報道に関して、読書の声として投稿した。
110.
[著書、学術論文等の名称]
ベルグラスの臨床応用
●単著・共著の別/共※ ●発行叉は発表の年月日/1999.8.10
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工別冊:「セラミックス・高分子複合型歯冠修復材料の臨床/技工」
[概要]
「ベルグラス」の成分、特徴、製作法などを述べ、臨床応用した症例を紹介した。
111.
[著書、学術論文等の名称]
「我が思い、我が願い、届け!心ある人たちへ。保険技工士制度への願い」
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/1999.8.1
●誌等叉は発表学会等名称/月刊デンタルパワー
[概要]
保険技工士制度価値と必要性を歯科界に論じた。
112.
[著書、学術論文等の名称]
高度歯周病に対して、患者との信頼関係を確立しながら総合的治療・
メインテナンスを行い、長期にわたり良好な予後が得られている症例

●単著・共著の別/共 ●発行叉は発表の年月日/1999.9.1
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工
[概要]
変わりゆく生体における補綴物の生命と予知性を探るをテーマに16年の長きにわたる高度歯 周治療経過症例を紹介した。
113.
[著書、学術論文等の名称]
(書籍)口腔インプラント・リファレンス・マニュアル
●単著・共著の別/共※ ●発行叉は発表の年月日/1999.8.30
●誌等叉は発表学会等名称/ゼニス出版
[概要]
これまでに書いたインプラントを始め歯科医療に関する著書や論文を集大成し、インプラント治療を根底におき、歯科治療の再確認を行った書である。また本書では医療の枠組みなどを再構築する必要があることを述べ、歯科技工士の新たなる職域を示唆したものである。
114.
[著書、学術論文等の名称]
世界の前装用レジン最前線
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/1999.11.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT
[概要]
ビタ社の新しいレジンゼータを通し、現在の前装用レジンを総括した。
115.
[著書、学術論文等の名称]
著書共編(歯科技工創刊250号記念)デンタル・インプラント・トゥデー
●単著・共著の別/共※ ●発行叉は発表の年月日/1999.12.1
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工
[概要]
歯科技工の創刊250号を記念して、日本のトップインプラントリストによる、論文の企画編集を行った。
116.
[著書、学術論文等の名称]
インプラント補綴におけるサージカルステント
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/1999.12.1
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工
[概要]
筆者オリジナルのパノラマX線用およびデンタルX線用サージカルガイドプレートの製作・使用方法を紹介した。
117.
[著書、学術論文等の名称]
インプラント補綴におけるチェアサイド・ラボサイドの作業工程
●単著・共著の別/共※ ●発行叉は発表の年月日/1999.12.1
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工
[概要]
開業医歯科医院と院外ラボの場合においての、感染予防とコミニケーションについて述べた。
118.
[著書、学術論文等の名称]
第24回アビリンピック、表と裏とある決意
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2000.1.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT
[概要]
歯科技工の於けるアビリンピックの価値と、歯科技工競技についての意見を述べた。
119.
[著書、学術論文等の名称]
刹那を生きた若きとき、その18年後のイデア
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2000.1.1
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工
[概要]
自分自身の”memorable work”つまり”忘れえぬ症例”について18年前の症例を紹介すると共に、歯科技工に関わってきた自分の人生を回顧した。
120.
[著書、学術論文等の名称]
ベルグラス
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/1999.12.20
●誌等叉は発表学会等名称/日本歯科産業学会 日本歯科産業学会誌13巻第2号
[概要]
1999年日本産業学会総会において発表したベルグラスについて、技術論文としてまとめ、日本歯科産業学会誌に発表した論文である。ベルグラスの有効特性について、一貫して述べた。
121.
[著書、学術論文等の名称]
この技工机の ここがいい
●単著・共著の別/共 ●発行叉は発表の年月日/2000.5.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT
[概要]
技工机の特集において、自家製の技工机の設計思想と、15年に及ぶ使用感を述べた。
122.
[著書、学術論文等の名称]
{書評}ふらつきがちな自分の人生を再確認しながら
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2000.8.1
●誌等叉は発表学会等名称/歯科技工医歯薬出版
[概要]
松橋英司著書「こころの声が聴きたくて」についての書評を自分の人生観を交えて、書き表した。
123.
[著書、学術論文等の名称]
現在の歯科技工士学校の在り方を考える
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2000.8.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT
[概要]
専攻科の授業を受けもつ講師の立場に置いて、日頃の実践している教育方法を述べ、現実的歯科技工士学校の在り方を述べた。
124.
[著書、学術論文等の名称]
今までのQDTこれまでのQDT
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2000.12.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT
[概要]
300号を刊行したQDTに対して率直に意見を述べた。
125.
[著書、学術論文等の名称]
ベルグラスとその技工
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2001.1.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT別冊
[概要]
新版 硬質レジンの世界の特集号の中で、ベルグラスの特性と技工操作について述べた。
126.
[著書、学術論文等の名称]
「すぐに役立つ海外サイト」
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2001.5.10
●誌等叉は発表学会等名称/ザ・クインテッセンス クインテッセンス出版
[概要]
サイト紹介コラムにて、歯科に有用な海外サイトを紹介した。
127.
[著書、学術論文等の名称]
(書籍)わかった!できた!鋳造床義歯
●単著・共著の別/共編著 ●発行叉は発表の年月日/2001.7.25
●誌等叉は発表学会等名称/2001年歯科技工別冊
[概要]
鋳造床義歯についての理論と術式と100の臨床例を紹介した。
128.
[著書、学術論文等の名称]
間違いのない上顎フルデンチャー用鋳造床製作のための基本術式
●単著・共著の別/共 ●発行叉は発表の年月日/2001.7.25
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工別冊
[概要]
長年の経験における製作法を簡便にまとめ紹介した。
129.
[著書、学術論文等の名称]
症例100
●単著・共著の別/共 ●発行叉は発表の年月日/2001.7.25
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工別冊
[概要]
10人の見識者により義歯症例を上顎、下顎、フル、パーシャルと多種に渡り100症例を集め、内10症例を提供した。
130.
[著書、学術論文等の名称]
インプラント補綴における新しい展望
●単著・共著の別/監修 ●発行叉は発表の年月日/2001.12.27
●誌等叉は発表学会等名称/インプラントジャーナルゼニス出版
[概要]
Drキリッシュらが書き下ろした論文を、日本語に翻訳し監修した。
131.
[著書、学術論文等の名称]
アメリカ人も知らない英単語紹介サイト
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2002.5.10
●誌等叉は発表学会等名称/ザ・クインテッセンス クインテッセンス出版
[概要]
ワード・スミスと言うサイトはアメリカ人でも知らない英単語の紹介をしているため、英語論文のときには有用であると紹介した。
132.
[著書、学術論文等の名称]
評者運営手前味噌サイト「IDEA」
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2002.12.10
●誌等叉は発表学会等名称/ザ・クインテッセンス クインテッセンス出版
[概要]
歯科医師と歯科技工士の交流をはかるために有効なサイトの紹介を行った。
133.
[著書、学術論文等の名称]
生体咬合論
●単著・共著の別/共 ●発行叉は発表の年月日/2003.4.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT
[概要]
生理的咬合から導き出された無口蓋義歯の理論と実際論について述べた。
134.
[著書、学術論文等の名称]
「LOOPオリジナル・シリコーン義歯の理論と実際」
●単著・共著の別/共 ●発行叉は発表の年月日/2003.5.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT
[概要]
LOOPテクニシャングループでのシリコーン義歯の13年にわたる研究と臨床5年間の報告を行った。
135.
[著書、学術論文等の名称]
QDT Report解説
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2003.5.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版 QDT
[概要]
歯科専門助手を含めた共同卒後研修構想による歯科補綴の品質管理」と言うドイツ論文に対して解説と私見を述べた。
136.
[著書、学術論文等の名称]
繊維強化型「ベルグラス」によるブリッジ製作法
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2003.5.12
●誌等叉は発表学会等名称/日本歯科評論別冊:2003ヒョーロン・パブリッシャーズ
[概要]
歯冠色修復とその技法という別冊において、ブルグラスの金属を使用しないブリッジ製作法を述べた。
137.
[著書、学術論文等の名称]
輝く歯科技工士たち
●単著・共著の別/共 ●発行叉は発表の年月日/2003.6.1
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工
[概要]
インタビューでLOOP銀座のコンセプトを紹介し、LOOPテクニシャングループを紹介した。
138.
[著書、学術論文等の名称]
頭痛の種の解決サイトの紹介
●単著・共著の別/単 ●発行叉は発表の年月日/2003.7.10
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工
[概要]
医歯薬和英辞書、財団法人日本医薬情報センター、頭痛大学の頭痛解決サイトを紹介した。
139.
[著書、学術論文等の名称]
歯科界の変化を見据えた歯科技工経営
●単著・共著の別/共 ●発行叉は発表の年月日/200311.10
●誌等叉は発表学会等名称/クインテッセンス出版QDT別冊:YEAR BOOKチェアサイドとラボサイド
[概要]
筆者と和田弘毅氏、日高豊彦氏で、歯科医療の現状を見据えた歯科技工経営を論じあった対談論文。
140.
[著書、学術論文等の名称]
(研究論文)臼歯部補綴症例にふさわしい咬合器の選択条件と使用例
●単著・共著の別/共※ ●発行叉は発表の年月日/1995.11.25
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工
[概要]
症例からみた咬合器の選び方・使い方と言う視点から臼歯部補綴症例にふさわしい咬合器の選択条件と使用例を紹介した。
141.
[著書、学術論文等の名称]
磁性アタッチメント補綴・技工のいま
●単著・共著の別/共 ●発行叉は発表の年月日/2003.12.1
●誌等叉は発表学会等名称/医歯薬出版 歯科技工
[概要]
磁性アタッチメントの過去、現在、未来についての提言を行った。